ホワイトニングに関する情報サイト

ホワイトニングと着色の原因となる物:コーヒー

世の中にはコーヒーの好きな方が大勢いらっしゃいます。
その飲用の仕方も人それぞれ。
喫茶店などで一杯をじっくりと嗜む方から、
お仕事などで集中力を上げるため、
あるいは眠気を払拭するために日に何杯も飲まれる方もいます。

着色の原因の一つコーヒーについて知る

コーヒーには独特の苦みと酸味とカフェインによって身体を興奮状態にさせ、
なおかつ中毒性によってつい何杯も手を伸ばしてしまう、
というパターンが多いことでしょう。
そしてこのように日常的に飲用する人は知らず知らずのうちに
歯が黄ばんでしまっていることがよくあります。
これはコーヒーに含まれているタンニンという成分によるものです。
ホワイトニングを受ける人の多くはこのコーヒーの飲用が
習慣づいてしまった人が多いものです。

またこの黄ばみが歯の表面に付着したとき、
歯磨きやうがいなどでこれをすぐに落とさないと、
これらの色素は歯のタンパク質と反応し、取れにくい汚れとして歯の表面に
こびりついていってしまいます。
そしてひとたびこの黄ばみが発生すると、
歯の表面がこの色素による汚れによってざらざらしてしまい、
その他の同類の汚れを呼びやすくなり、
それらが集合することで歯垢などになっていきます。
これらの症状に気づいてもホワイトニングせずにそのまま放っておくと、
虫歯などが進行しやすい状態を生み出してしまいます。

歯の表面に付着した色素に関しては自宅で専用の歯磨きを使用することで、
がんばればある程度までは落とせるものです。
けれど、さすがに歯の溝や隙間までの汚れまではなかなか取れないものです。
しかも中には歯の磨き過ぎにより思わぬ知覚過敏を引き起こしてしまうケースも
多々見受けられます。ホワイトニングの痛みを防ぐ方法:痛み止めを服用
痛みや知覚過敏について少し触れましたが
これらの症状に悩んでいる人は決して無理することなく、
歯科医の手によるホワイトニングを利用すると良いでしょう。