ホワイトニングに関する情報サイト

ホワイトニングの痛みを防ぐ方法:痛み止めを服用

ホワイトニングは、正常な人が利用していれば痛みを感じる事はありませんが、
何らかの理由で痛みを感じる人も多いようです。
どのような場合かというと、歯に亀裂などがある場合です。
亀裂と言っても目に見えないような細かいものである場合が多いですから、
自分では大丈夫と思っていても痛みを感じてしまう人も多いようです。

ホワイトニング後の痛みについて

ホワイトニングを行ったときに痛いと思ったとしても、
多くの人は長続きはしないようです。
数分程度で痛みが治まる人もいますし、
長くなると数時間くらい痛みを感じる事もあります。
少し我慢すれば良いのですが、人によっては非常に痛みが強くて
耐えることができない場合もあるようです。
痛いという感覚が強すぎるときには痛み止めを処方される場合もあります。
痛み止めを飲めばすぐに痛みは治まるでしょう。

ホワイトニング後の痛みがなくならない場合

ホワイトニングをしてしばらくしても痛みがなくならない場合には
知覚過敏になっている可能性がありますから注意が必要です。
もしも痛みがあまりにも激しい場合には、
歯医者に行って診察を受けたほうが良いでしょう。
ホワイトニングによる痛みの場合には、冷たいものがしみる程度です。
これくらいならあまり気にする必要はありませんが、
冷たくないものであっても痛みを感じるようであれば、
必ず歯医者の診断を受けるべきなのです。
あまり痛くない場合には、リカルデントガムも効果的です。
痛み止めをもらいに行くまでに時間がかかる場合には、
リカルデントガムをかんでおくことで痛みが小さくなる事があります。