ホワイトニングに関する情報サイト

ホワイトニングとフッ素の役割について

ホワイトニングとフッ素の役割について説明する前にホワイトニングとは
なにかを知る必要があります。
単に歯を白くすることがホワイトニングとは言いません。

ホワイトニングのしくみ

ホワイトニングは過酸化水素もしくは過酸化尿素を使うことで
歯を白くする作用を言います。
過酸化水素を使うとなぜ歯が白くなるのかといいますと、
これを塗布するとフリーラジカルが発生します。
フリーラジカルは歯の着色有機質に含まれる結合部分を
切り離すという役目があるのです。
すると着色有機質の色素分子がどんどん減り、やがては色自体がなくなります。
つまり、歯の本来の色を取り戻して白くなるということになります。
同時に歯の明るさも取り戻して綺麗で美しい歯になるのです。

ホワイトニングをしますと一時的にカルシウムを溶け出してしまう
脱灰という現象があります。
これが生じると歯の表面に凹凸ができて歯が透き通って白っぽく見えます。
その効果は象牙質にまで達するのです。
その白っぽさをなくす作用が再石灰化というのですが、
この再石灰化の促進させる働きを持つのがフッ素ということなのです。

ですので、歯科でホワイトニングをしたとき、フッ素を塗布するのは
脱灰を防ぐためと再石灰化を促進するための二つの役割があるからです。
フッ素の塗布により確かに再石灰化を促進してくれるのですが、
あくまでこれは歯の表面の凸凹をなくすためでされるのです。
象牙質にまでその効果を持続させる効果については残念ながら無いのです。